現役土地活用プランナーがお教えする、あなたの土地の活用法

失敗しない土地活用術

土地活用会社を徹底比較

土地活用会社を徹底比較!日本パーキング

更新日:

日本パーキングは、「NPC24H」のブランド名でコインパーキングを運営している駐車場管理業者。1989年大手総合商社「伊藤忠商事」が100%出資して設立。2000年マネジメント・バイアウト(MBO)により伊藤忠商事より独立。2005年ジャスダック証券取引所に株式上場。2011年株式公開買付け(TOB)により安田財閥を起源とする老舗の総合不動産会社「東京建物」の完全子会社化。それに伴って上場が廃止されています。

日本パーキングのNPC24Hパーキングは、基本的に自社直営。日本パーキングが用地を借り受け、無人の時間貸パーキングを運営する「賃借パーキング」、日本パーキングが用地を購入し、時間貸パーキング事業を運営する「自社パーキング」の2つの形態。クオリティ管理を徹底するため基本的にフランチャイズ方式を採用していません。現在は、全国各所に駐車場数1,677ヵ所、管理台数66,227台(201712月現在)の規模を誇る駐車場事業を展開しています。

 

日本パーキングの土地活用の特徴

 

駐車場経営による土地活用をメインとする日本パーキングの主な特徴は、次の5つです。

 

特徴1:土地オーナーの悩みや要望を解決する土地活用を提案

日本パーキングは、路上駐車から起こる諸問題の解消に貢献するためリーズナブルでいつでも駐車しやすい時間貸パーキングの普及を推進。土地を所有していながら活用法に困っている場合、店舗運営の駐車場を有料化して収益の向上を図りたい場合など、それぞれの悩みや要望を解決できる土地活用を提案しています。

 

現在所有している土地の売却活動をしている場合

売却が決まるまでの間、時間貸パーキングとして一括借上げ。売却活動を行ないながら賃料収入を得られます。

運営店舗の駐車場の有料化を検討している場合

店舗利用者以外の需要を掘り起こし、独自の運営診断・管理システムを導入してトータルにサポート。

施設駐車場を所有している場合

平日と週末の稼働率の差がある場合は、店舗利用者以外の需要を掘り起こすお手伝いをします。

月極駐車場を所有している場合

空き台数分を日本パーキングが借上げ、毎月一定の賃料を支払います。

継続して土地を所有している場合

NPC24Hパーキングは一括借上げ。毎月安定した収入が得られ、設備投資が不要。管理費用も日本パーキングが負担。

老朽化したアパート・マンションを所有している場合

アパート・マンションを解体し、更地の土地を時間貸パーキングとして日本パーキングが一括借上げ。設備投資は不要です。

 

特徴2:使いやすく安心なNPC24Hパーキング

NPC24Hパーキングは、女性や高齢者にも使いやすく、安心なパーキング。そのためにさまざまな取り組みを行なっています。

 

明解な料金設定

2日にわたって利用する際、翌日も最大料金が適用。当日最大12時間毎・24時間毎などの日本パーキングが設定する最大料金は、すべて繰り返し適用されます。ただし、利用する曜日や時間帯により一部適用されない駐車場があります。

使いやすい料金精算機

料金精算機は、独自開発した集中管理システムによりスピーディに対応。領収書も直ちに発行。クレジットカード(UCVISAMasterJCBDinersAMEXTS3)での精算、全国共通交通系ICカード(SuicaKitacaICOCAPASMOSUGOCATOICAmanacanimoca)での精算が可能な料金精算機を導入し、随時入れ替えを行なっています。

すべてのパーキングを基本的に毎日清掃

街のインフラといえるパーキングを常に清潔に保つことは、社会的責任と考えています。地域と協力して環境の整備に努めています。

翌日午前中まで修理完了

設備の故障・破損は、美観を損ねるとともにお客さまにも迷惑をかけるため、迅速にメンテナンスします。基本的に24時間365日修理に対応しています。

充実した安全対策

日本パーキングでは、お客さまが安全で安心してNPC24Hパーキングを利用できるようにさまざまな安全対策を施しています。

  1. ガードレール:飛出や落下を防ぎ、隣地住民の安全を守ります。
  2. 車止め・バリカー:自社基準に合った強固なものを使用。
  3. 場内表示・カーブミラー:注意喚起するために場内表示を多く設置。カーブミラーで死角を減少。
  4. U字ライン:駐車場位置がわかりやすいU字ラインを採用。
  5. 深夜でも安心な明るい照明:パーキング内の隅々まで見渡せるように照明の照度を上げ、犯罪の起こりにくい環境を整備。省エネで明るいLED照明を採用。
  6. 電気自動車充電サービス:低炭素社会の実現に向けて、電気自動車サービスをスタート。

 

特徴3:豊富なNPC24Hパーキングの種類

パーキングには、公共的な側面があるため、誰もが安心して利用できることが大切です。日本パーキングでは、常にそのための工夫や技術開発に取り組んでいます。

平面駐車場(ゲート式・ロック式・ロックレス式)

平地をそのまま利用したタイプ。出入口にゲートを設け、入庫時に受けとった駐車券で出庫時に料金を精算する「ゲート式」、駐車するとロック板が上がりクルマを固定し、精算機で料金を精算するとロック板が下がる「ロック式」、ロック板やゲートの代わりにカメラやセンサーでクルマのナンバーを認識して管理する「ロックレス式」の3種類があります。

機械式立体駐車場(クイックパーキング)

クルマをエレベーター式のパレットレス方式で上げ降ろしし、タワー内に収容するタイプ。 大都市の中心部などで限られたスペースを有効活用できるシステムです。収容台数は34~166台まで可能。

従来のタワー型パーキングは、入出庫の待ち時間がかかるために時間貸しには向かないといわれてきました。しかし日本パーキングでは、最新式の機器を導入して高速化を実現。入出庫の待ち時間を大幅に短縮。特許も取得しています。

自走式立体駐車場

複数のフロアがある立体駐車場の駐車スペースまで、お客さま自身が運転して入庫するタイプ。収容台数は、数十台から1,000台以上まで可能。公共施設、スーパーマーケットやホームセンターなどの商業施設で幅広く運営されています。

従来の自走式立体駐車場では、車室と車室との間にある中柱がクルマを出し入れするのに邪魔になることがありましたが、NPC24Hの自走式立体駐車場は、この邪魔な中柱を少なくした連続傾床式を採用。車室が広いのが特徴です。

 

 

特徴4:診断結果に基づいた賃料が納得できる場合のみ契約を締結

日本パーキングでは、長年にわたり蓄積した豊富なデータベースとノウハウを駆使し、緻密なマーケティングを行い、時間貸パーキングに適した土地であるかを診断。その診断結果に基づき、オーナーが納得できる賃料(地代)を提示できた場合に限り、契約を締結します。なお、パーキングがオープンするまでの期間は、土地や駐車場の規模により差が生じますが、一般的な平面パーキングの場合は、契約成立から2~4週間が目安になります。NPC24Hパーキング開設までの流れは、次のとおりです。

 

① 相談

所有地全体の活用を行う場合、一部を収益化する場合など、さまざまな相談を受けたときから駐車場開設が始まります。

② 調査分析

パーキング候補地について、日本パーキングの独自ノウハウをもとに利用頻度、収益予測、立地条件、周辺ニーズなど、さまざまな視点から調査を実施。

③ 提案書の提出

調査分析結果から、候補地に合わせた駐車場レイアウトや毎月の賃料計画など、時間貸パーキングのプロだからこそ気がつくポイントなどを織り交ぜた最適なプランを提案。

④ 契約

オーナーが納得できるまで丁寧な説明を行い、契約内容の合意が得られると、一時使用を目的とする賃貸借契約を締結。

⑤ 工事着工

駐車場運営に必要な工事を開始。駐車場機器や料金看板などの設置工事を近隣に配慮しながら実施。

⑥ 完成・オープン

完成後、日本パーキングが駐車場の管理運営を行います。

 

特徴5:収益の最大化を図るため徹底した情報化とエコへの取り組み

日本パーキングでは、安全・安定した企業基盤を支えるシステム・サービスの提供を目指し、コンパクトな組織で収益の最大化を図るために徹底した情報化を図っています。

 

  1. 全国のパーキングの稼動状況を一元管理し、自動的にデータベース化。
  2. 独自のソフトによる料金精算システム。
  3. クレジットカードや交通系電子マネーなどによる支払方法のキャッシュレス化。
  4. 各種ポイントサービスとの提携。

さらに日本パーキングでは、エコへの取り組みとして次のような取り組みを行っています。

  1. 照明や看板のLED化:LED照明でより明るくなり、節電が可能。
  2. 電気自動車の充電器を設置:環境に優しい電気自動車の推進に協力。
  3. 繰り返し利用可能な駐車券:出入り自由な特別駐車券は、1度購入すると何度も利用可能にして省力化。

 

 

日本パーキングの駐車場経営の形態

 

日本パーキングのNPC24Hパーキングは、土地オーナーの負担が極めて少ないのが特徴。日本パーキングが土地を借りて直営するシステムは、リスクが少なく、メリットがたくさんあります。

① NPC24Hパーキングのメリット

 

  1. 時間貸パーキング化の工事費は、基本的に日本パーキングが負担。修繕費の負担もありません。
  2. パーキングの運営・管理の負担は、一切ありません。
  3. 利用者からのクレームは、日本パーキングが対応。
  4. 基本的に毎日清掃。メンテナンスも迅速に対応。美観を保ち、資産価値を維持。
  5. 土地オーナーの個別の要望にも柔軟に対応。

土地契約の形態

時間貸パーキング化にあたり土地契約の形態は、次の3つから選ぶことができます。

  1. 短期賃貸借契約:2~10年間の一時使用目的の賃貸借契約。平面パーキングに適用。
  2. 長期賃貸借契約:10~20年間の事業用定期借地契約。自走式立体パーキングや機械式駐車場(クイックパーキング)に適用。工事費は、基本的にすべて日本パーキングの負担。
  3. 売買契約:売却希望のオーナーからは、直接土地を買いとります。

安心できる契約内容

多くの土地オーナーが希望する短期賃貸借契約の場合、次の事項が取り決められますので、安心して契約できます。

  1. 民法上の一時使用目的の賃貸借契約を締結するため当初の契約期間満了後は、いつでも解約できます。
  2. 日本パーキングの借地権や営業権は、一切発生しません。
  3. 解約時は、日本パーキングの負担で機器を撤去し、更地に戻してから速やかに返還します。

 

このような人には日本パーキングの土地活用・駐車場経営がおすすめ!

日本パーキングの土地活用は、駐車場経営に限定されますが、中でも次のような人には日本パーキングがおすすめです。

  • 土地を所有していながら活用法に困っている人。
  • 現在所有している土地の売却活動をしている人。
  • 経営している月極駐車場が満車にならず困っている人。
  • 平面駐車場を機械式や自走式の立体駐車場に建て替えて収容台数を増やしたい人。
  • 老朽化したアパート・マンションを所有している人。

 

 

日本パーキングの評判と口コミ

 

本来ならばここで、日本パーキングで土地活用を行った人の体験談を紹介しなければならないのですが、残念ながら参考にできる体験談を入手できず、掲載することができません。あしからずご了承ください。

 

日本パーキングの会社情報

 

社名(商号) 日本パーキング株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田神保町2-4 東京建物神保町ビル
設立年 1989年
資本金 1億円
従業員数 116人(2018年1月現在)
売上高 206億円(2017年12月期・グループ連結)
営業エリア ほぼ全国
主な事業所 支店・営業所:東北・埼玉・新潟・金沢・長野・名古屋・京都・大阪・九州・熊本・沖縄。
グループ会社:東京建物・パーキングサポートセンター。
主な事業内容 時間貸駐車場・月極駐車場の運営・管理。

タウンライフ土地活用

土地活用で失敗しないために

今、あなたがこのページをご覧になっているということは、「 土地 」についてお悩みを抱えているということだと思います。
土地というのは資産の一種ですから、資本・労働・経営と並び付加価値を生み出す生産要素として捉えていた方が多いのではないでしょうか。 ですが、実際に土地を所有すると様々な問題や悩みが生まれますよね。
  • 現在土地を持っているが 何も活用できていない
  • 今後土地を相続するが 相続税 が心配
  • 所有している・相続する土地が 田舎 にある      …etc
こういったお悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。

土地は持っているだけで税金がかかる

土地を所有しているだけでかかる税金が「固定資産税」。 土地から何の収入も得ていないのに毎年税金だけかかって困る…そのような状況の方も少なくないと思います。 せっかく土地をもっているのだから、収益につなげられるのならつなげたい。 けれどどのように収益につなげればいいのかわからない…というのが現状ではないでしょうか。 そこで私がおすすめするのが土地活用の見積もりをもらうことです。 そこでおすすめするのがタウンライフ土地活用」というサイトです。

タウンライフ土地活用のバナー
>>タウンライフ土地活用を見てみる

見積もりをもらう理由

土地の活用方法は一つではありません。 アパートやマンション経営、駐車場、商業施設、売却…土地によって活用方法は様々です。自分では判断できない土地の活用法をプロに診断してもらいましょう。 ここで大切なのが「複数の会社に見積もりをもらうこと」です。 せっかくなのですから、自分にとって一番満足のいく方法を選びたいですよね。一つの会社に任せるより、複数の会社にまかせた方が様々なプランを見ることができますし、会社同士の比較もできます。 見積もり比較表

一括で複数の会社から見積もりをもらう

タウンライフ土地活用とは、土地活用に関する全国の優良企業から、『収益性』・『費用』・『転用性』・『相続時の評価額』・『実現性』など多角的な視点からあなたに最適な土地活用プランの提案を 無料 で行ってくれるサイトです。 自分の持っている土地の条件や、希望の活用方法(もちろん未定も可)を入力するだけで一括で資料請求することができます。 とても簡単なのでパソコンからでも携帯からでも入力できてお手軽でした、入力時間もさほどかかりません。 そして注目すべきはここ! 3つのポイント 3つの土地活用計画書 がもらえることなんです! 実際に土地をもてあまして困っている知人にすすめてみました。彼も当初は「まぁ無料なら…」程度の軽い気持ちで申し込んだのですが、想像よりも丁寧な見積もりがきたようで驚いていました。 最近では見積もりプランをもとに、土地活用を本気で考えています。
★タウンライフ土地活用のよかった点
  • すべて 無料
  • 複数社に一括で請求 できる
  • 見積もり・収支計画書・市場調査書がもらえる
  • 自分だけの オリジナルプラン がもらえる
  • 信頼できる企業が 200社以上 登録している
実際の申し込み画面と操作案内です。 ①まずは経営予定地と希望の活用方法を選択します。 ②この時点で希望がある方はチェックを、ない方は「未定」にチェックをいれましょう。もちろんアパート・マンション経営をしてみたいけど迷っている方も「未定」にチェックしてしまっていいと思います。 ③チェックをいれて「一括請求開始」ボタンをクリック。 タウンライフ土地活用 ④画面が遷移します。ご希望の土地活用方法の一括請求ができるまでたったの3ステップ。お手軽ですね。 タウンライフ土地活用 土地情報 や 希望条件 を入力していきます。 タウンライフ土地活用 ⑥タウンライフ土地活用は 200を超える会社 の中から、あなたの地元に対応した不動産を一覧で表示してくれます。 あとは資料請求したい会社にチェックをつけて、「一括取り寄せを依頼する」だけ。これで完了です! 後々選択した会社から連絡がくるのを待つだけです。 厳選された企業しか参加していないので、しつこい営業の電話がかかってくることもないそうです。資料請求した後に断っても大丈夫なので、自分にとって一番納得のいく提案を選びましょう。 ↓↓失敗しない土地活用術はコチラ

タウンライフ土地活用

↓管理人おすすめ↓

すべての人がよい土地活用を望み、
すべての土地活用会社がよい土地活用を謳っているにも関わらず、
土地活用で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-土地活用会社を徹底比較

Copyright© 失敗しない土地活用術 , 2020 All Rights Reserved.