現役土地活用プランナーがお教えする、あなたの土地の活用法

失敗しない土地活用術

土地活用会社を徹底比較

土地活用会社を徹底比較!サンヨーホームズ

更新日:

 

サンヨーホームズは、戸建て住宅と分譲マンションの販売を主力に、リフォーム事業、賃貸住宅や福祉施設などの資産活用事業、マンション管理事業など、住宅関連の幅広い事業を展開しているハウスメーカー。

旧「クボタハウス」を大手家電メーカー三洋電機が買収し、「三洋ホームズ」を経て、現在の「サンヨーホームズ」に社名を変更。

三洋電機はすでに撤退し、現在の主な株主は、大手住宅設備メーカーLIXIL(リクシル)、オリックス、関西電力などです。

鉄骨系プレハブ工法を主力とするサンヨーホームズは、建物の揺れを抑える「GSフレーム」を構造体の中に組み込むことで、変形しにくい強固な躯体を作り出し、独自開発の制震ダンバーを組み合わせることで地震の揺れを最大50%軽減

巨大地震にも耐えられる住宅を提供しています。

さらに業界に先駆けて太陽光発電システムとオール電化を導入。

付加価値の高い賃貸住宅として入居者の人気を集めています。

 

 

サンヨーホームズの土地活用の特徴

 

サンヨーホームズは、伝統の鉄骨構造に最新技術を加えることで、エコでセーフティな住まいや環境とキャッシュフローに貢献する賃貸住宅を供給し、これまで多くの実績を積み重ねています。

主な特徴は、次の5つです。

 

特徴1:多様な土地活用を幅広くサポート

サンヨーホームズの土地活用は、賃貸住宅「サンフィット」を主力にしていますが、このほかにも、介護・福祉施設、保育施設、投資型収益物件などの土地活用にも対応しています。

高齢化社会で地域に貢献する介護・福祉施設「サンエバー」。子育てしやすい環境づくりや住みよい社会の実現に貢献する保育施設「サンポポ」。

不動産投資向けに人気の沿線エリアや駅近など、入居者を獲得しやすく長期安定が見込める土地に賃貸住宅を建設・販売する投資型収益物件「サンインキューブ」など、これまでさまざまな施設を提案・施工してきたノウハウを活かし、多様な土地活用を幅広く支援しています。

営業エリアが、

  • 関東:東京都・埼玉県・神奈川県
  • 中部:愛知県・三重
  • 近畿:大阪府・滋賀県・兵庫県
  • 九州:福岡県・熊本県

に限定されますので、注意が必要です。

 

特徴2:エコ&セーフティの住まいづくり

サンヨーホームズでは、伝統的な鉄骨構造に最新技術を加えることで、エコでセーフティな住まいづくりを推進しています。

 

  1. 横揺れに強さを発揮するGSフレームシステム、間取り変更を容易にする鉄骨トラス屋根構造、シロアリや湿気を防ぐ防錆・防腐・防蟻対策などで、経年劣化や災害に強い長寿命を実現
  2. 最高840℃でも燃えない厚さ50mmのALC外壁など、延焼を抑える業界トップレベルの耐火仕様が、万一の火災から財産を守り、入居者の安全な暮らしを守ります
  3. 賃貸住宅で一番の悩みの種が入居者同士の騒音トラブル。空気を遮断して音の伝わりを防ぐアルミサッシ、配水管の音をシャットアウトする排水遮音システム、生活音に配慮したモーション吊引戸など、高い遮音性を誇る独自のシステムで、入居者の安らぎの空間を創ります
  4. サンヨーホームズの100年仕様の構造体と高耐久部材は、メンテナンスコストを低く抑え、修繕積立費の負担を低減し、キャッシュフローにも貢献。中でも親水機能をもつフッ素コート外壁板は、美しさとメンテナンス性を両立させる優れものです。

 

特徴3:太陽光発電&オール電化で環境&キャッシュフローに貢献

「so-Life CH」とは、住宅の長寿命化とアフターサービスの充実に取り組んできたサンヨーホームズのノウハウを活かした「太陽光発電システム」

高品質でありながらリーズナブルな価格で提供。

イニシャルコストの回収期間が短くなるだけでなく、賃貸住宅ならではの大容量発電で、付加価値の高い賃貸住宅としてキャッシュフローにも貢献します

さらに長期間の保証パッケージが標準で付与されていますので、いつまでも安心して利用できます。

サンヨーホームズならではのもう1つの魅力が「オール電化」

キャッシュフローに直結する3方向のメリットで安定経営を実現。

 

  1. オール電化は、新築時に限らず入居期間中も高い満足感が続くことで入居者にとても好評。IHクッキングヒータは、高火力で手入れも簡単。火を使わないので、高齢者にも安心です
  2. オール電化は、災害などのリスク回避で資産価値を維持します。火を使わないので、火災による資産消失の危険性が激減。災害時でもガスに比べ復旧が迅速。エコキュート内のお湯は、非常用水としても使えるため万一のときも安心です。
  3. オール電化は、多くの優遇制度で賃貸経営に有利。火災リスクが低いため火災保険の割引やアパートローンの優遇金利などが適用される場合があります。

 

特徴4:高齢者や女性などの1人暮らしでも安全・安心の高い防犯性能

高齢者や女性の入居者は、住まいの安全性に敏感です。

サンヨーホームズでは、安全で安心して暮らせる優れた防犯性能を備えた設備を数多く取り揃えています

 

  1. 共用玄関のセキュリティに「オートロックシステム」。入居者以外が自由に出入りできないため入居者に安心感を与え、来訪者をカラーモニターで確認してから対応できるためさらに安心です。
  2. 玄関ドアの「Fe-Lock認証システム」。おサイフケータイやICカードを受信部にかざすだけで認証完了。高い安全性と利便性で、競合物件との差別化が図れます
  3. ピッキングやこじ開け対策として、「ワンキー・ツーロック(1本のキーで上下2か所の錠でピッキングがしにくい玄関ドアハンドル)」、「高性能ディンプルキー(ピッキングによる不正解除がほぼ不可能といわれる鍵)」、「鎌式デッドボルト錠(バールなどによるこじ開けに強い錠)」などを採用。
  4. 入居率を高める決め手になる「賃貸住宅用セコムセキュリティシステム」。全住戸にセンサーを設置し、24時間365日、異常を監視。万一の際は、セコムが迅速に対応。1人暮らしの女性や小さな子どものいる家庭には、この安全性は高い付加価値になります。

 

特徴5:独自の経営サポート「AAAシステム」

土地活用を計画する時点から、実際のプラン作成、設計・建築、さらに運営・メンテナンスまで、サンヨーホームズは、すべてにおいてサポートします。

AAA(トリプルエー)システムとは、経営ノウハウのサポート、アフターサービスに至るまで土地活用のすべてにわたり「3つのA=安心のA・安全のA・安定のA」でバックアップするサンヨーホームズ独自の経営サポートシステムのこと。

どのような経営条件・経営環境下にも、スムーズに賃貸経営を始められるように万全のサポート体制をとっています。

 

① ファイナンシャルプランニングシステム

希望や目的、立地に合わせてさまざまな活用法をシミュレーション。

資産形成のために経営から税務までトータルにサポートします。

一般の賃貸経営はもちろん、高齢者向け介護施設やグループホームなどのシルバーフレンドリー事業、ロードサイド店舗、駐車場に至るまで、さまざまな選択肢の中から最適なプランを提案します。

 

② サブリースシステム

サンヨーホームズが信頼できるリース会社を紹介。

サブリース契約を締結したリース会社がすべての管理業務を代行し、空室の有無にかかわらず契約期間中の家賃収入を保証します。

賃貸経営とは、まさにエリアマーケティング型ビジネス。 だからこそ地域に密着した賃貸経営のプロに任せることが長期的な安定経営の近道です。

 

サンヨーホームズのアパート・マンション建築の商品ラインナップと坪単価・費用

 

サンヨーホームズの建築費の坪単価については、公表されていませんので、建築費用を知るには、実際に建築プランを立てて見積もりをとるしかありません。

利用者の口コミを総合的にまとめると、サンヨーホームズの賃貸住宅の建築費の坪単価は標準的で、50万円~70万円

サンヨーホームズの賃貸住宅の主な商品ラインナップは、次のとおりです。

 

タイプ 階数・構造 特徴
コリドールタイプ 23階建て
鉄骨系
都市部や駅近など利便性の高い立地におすすめの単身者向け賃貸住宅。サンヨーホームズならではの洗練されたシャープなフォルムの外観デザインは、老若男女問わず入居者に好評。
コリドールタイプ
(耐火仕様)
23階建て
鉄骨系
られた敷地でも明るく広びろとした住空間でゆとりの暮らしができる賃貸住宅。間口が狭く、縦長の敷地でも大丈夫。サンヨーホームズ独自のGSフレームシステムで敷地をフルに有効活用し、ゆとりの住空間を実現。
中上がりタイプ 23階建て
鉄骨系
立地条件に左右されず物件の魅力で入居づけが期待できる夫婦・カップル向けの賃貸住宅。スマートで優美な佇まいは、団塊世代から新婚カップルまで、生き生きと暮らす人たちに最適。
重ね建てタイプ 23階建て
鉄骨系
環境の優れた郊外におすすめの1戸建て感覚の暮らしを満喫できる重ね建てタイプのファミリー向け賃貸住宅。落ち着いた外観と戸建て感覚の心地良さ、複数棟で街並みを形成すると、付加価値がアップ。
戸建て賃貸タイプ 2階建て
鉄骨系
戸建て住宅に暮らしたいという入居者の夢を叶える戸建て賃貸。全国的に供給量が少なく、需要が見込める賃貸住宅。1棟丸ごと貸すため使用が丁寧で傷みが少なく、居住年数が長くなるためメンテナンス経費の節約が可能。
メゾネットタイプ 2階建て
鉄骨系
独立したテラスと玄関。境界壁を隣戸と共有しているだけで、ほとんど2階建ての戸建て感覚で暮せるメゾネットタイプの賃貸住宅。プライバシーが守られながら、コミュニティが形成されるため安全維持面でメリット。
店舗併用タイプ 23階建て
鉄骨系
設計自由度が高いサンヨーホームズならではのタイプ。店舗では動きやすさと働きやすさ、住居では過ごしやすさと住みやすさを両立させた理想的な店舗併用住宅
賃貸併用タイプ 3階建て
鉄骨系
1階・2階を賃貸に、3階を自宅に。自宅と賃貸の入居者それぞれのプライバシーと安全を守る安心の住まいづくりが可能。高い自由設計力により多彩のプランバリエーションを提案
介護・福祉施設
「サンエバー」
23階建て
鉄骨系
サンヨーホームのノウハウを結集させた地域に貢献する介護・福祉施設。事業者・入居者・利用者のそれぞれの視点に立った配慮が行き届いた施設。サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム、グループホームなどに対応。
保育施設
「サンポポ」
23階建て
鉄骨系
子どもの健やかな成長を願うたくさんの配慮をちりばめ、子育てしやすい環境づくりや住みやすい社会の実現に貢献する保育施設。すでに多くの実績を蓄積。

 

このような人にはサンヨーホームズの土地活用・アパート・マンション経営がおすすめ!

サンヨーホームズの土地活用は、エコでセーフティな住まいづくりや太陽光発電システム・オール電化の賃貸住宅を提供するなど、たくさんの魅力がありますが、中でも次のような人にはサンヨーホームズがおすすめです。

 

 

これから土地活用を始めようと考えている人

サンヨーホームズは、土地活用の計画から、プラン作成、設計・建築、さらに運営・メンテナンスまで、すべてにおいてサポートしていますので、これから土地活用を始めようとする場合でも、安心して任せることができます。

土地の立地に合わせたさまざまな活用法をシミュレーションするファイナンシャルプランニングシステムでは、賃貸住宅はもちろん、高齢者向け住宅や介護施設、ロードサイド店舗、駐車場に至るさまざまな土地活用の中から最適な提案を受けられます。

 

 

介護・福祉施設や保育施設で地域に貢献したいと考えている人

土地活用を行うにあたって、定番的な賃貸住宅では物足りなく感じ、どうせやるなら地域に貢献できる土地活用をしたいと考えている人も少なくありません。

このような人には、サンヨーホームズの介護・福祉施設「サンエバー」や保育施設「サンポポ」がおすすめです。

サンエバーは、サービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホーム、グループホームなどで地域に貢献し、サンポポは、子育てしやすい環境づくりや住みやすい社会の実現に貢献できる土地活用です。

 

 

太陽光発電とオール電化で環境に優しい土地活用を考えている人

サンヨーホームズの「so-Life CH」は、高品質でありながらリーズナブルな価格で提供する太陽光発電システム

クリーンエネルギーとして環境に優しいだけでなく、競合物件との差別化につながり、高めの家賃が設定できるメリットがあります。

発電した電力の活用パターンとして「全量売電」と「余剰売電」、電力の使用先として「オーナー自宅」「賃貸共用部」「賃貸各戸」を選択できます。

「オール電化」も入居者にとって魅力のある設備の1つです。IHクッキングヒータは、高火力でお手入れも簡単。火を使わないので、安心して使用でき、火災の心配もまったくありません

競合物件との差別化を図り、環境に優しい賃貸経営を目指すのであれば、ぜひ太陽光発電システムとオール電化の導入を検討してみてはいかがでしょう。

 

 

サンヨーホームズの評判と口コミ

 

サンヨーホームズで土地活用を行った人の体験談を紹介します。ぜひ参考にしてください

 

30年のアパートをペットと共生できるメゾネットタイプに建て替え

  • 構造・規模:鉄骨造り2階建て賃貸住宅1棟(4戸)
  • 敷地面積:340m²(約100坪)
  • 間取り:2LDK

築30年のアパートは、少しずつ老朽化が目立ち始め、最近は空室が出てもなかなか次の入居者が決まらない状況でした。

敷地は南北に長く、以前は1階と2階に2LDKを3戸ずつ設けるため東向きに建てられていたので、目の前が道路で落ち着かない印象がありました。

それなら空室が増えたこの機会に、入居者に喜んでもらえて、自分も納得できるアパートにしたいと思い、ペット対応型に建て替えることにしました。

建て替えるにあたってサンヨーホームズを選んだのは、30年前にもサンヨーホームズにお願いして、対応が良く信頼感があったのが一番の理由です。

サンヨーホームズの建築プランは、戸建てムードを醸し出す開放的な2階建てのメゾネットタイプ

2LDK4戸がすべて南向きに配置。

玄関のある1階は水廻り以外のスペースをLDKとして確保し、2階に2つの居室を配置。

カップルやファミリー向けで専有面積は60m²余りと、2LDK にしてはゆったりめの広さ。

床や壁の仕上げは、ペットに配慮して愛犬や愛猫とも気持ちよく共生できる仕様でした。

建て替えの結果、住戸数が6戸から4戸に減少しましたが、家賃収入よりも入居者の住みやすさを優先した結果で不満はありません

明るくて広びろとした空間に仕上がり、太陽光発電システムやオール電化、LED 照明など、設備面ではとても満足しています。

インテリアを含めて全体に高級感が醸し出され、時代のニーズに合った魅力的なアパートが完成し、サンヨーホームズにお願いして本当に良かったと思っています。

 

廃業した工場跡地にハイグレードな学生向け賃貸マンション

  • 構造・規模:鉄骨造り5階建て賃貸住宅1棟(28戸)
  • 敷地面積:300m²(約90坪)
  • 間取り:1K

自宅と工場を兼ねて100年近くにわたり張物業を営んできたのですが、両親の健康上の不安などがあって継続が難しくなり、廃業せざるを得なくなりました。

同時に自宅を引っ越すことりなり、跡地の活用法に頭を悩ませているとき、付き合いのある業者から紹介してもらったのがサンヨーホームズでした。

当初は、駐車場を検討していましたが、税金負担などを考慮してサンヨーホームズからは、賃貸マンションをすすめられました。

とはいえ、資金に余裕がなく、賃貸経営の経験もないことで決断できずにいると、大学に近い好立地で学生向けのワンルームなら安定収益が見込めるというアドバイスが決め手となり、賃貸マンションを建てることになりました。

学生向けのマンションといっても、居室は少しでも広く、バス・トイレはセパレートなど、以前に比べると贅沢志向が高まる傾向があり、全体としてハイグレードな仕様にこだわりました。

さらに女子学生の入居者が多くなることを想定し、セキュリティにも配慮しました。

お蔭さまで、期待以上の大きな反響があり、完成時には早くも満室の状態

あのときサンヨーホームズを紹介してもらって本当良かったと思っています。

活用が難しい土地を活かしたサービス付き高齢者向け住宅

  • 構造・規模:鉄骨造り3階建てサービス付き高齢者向け住宅1棟(30室)
  • 敷地面積:1,100m²(約330坪)

所有している土地が幹線道路から外れているため、売るにも貸すにも、なかなか相手が見つからず、やむを得ずトラックの駐車場として貸していました。

ところが、騒音や排気ガス、安全面で近隣から苦情が入るようになり、いずれは賃貸住宅を建てるしかないと考えていました。

そんなとき高齢者住まい法の改正が決まり、デイサービスや訪問介護ステーションをセットにした集合住宅が認められることになりました。

4階・5階建てにすると部屋数が多くなりすぎて空室の不安が生じ、給食を提供することを考えると10室や20室では非効率ですから、最終的に3階建て30室に落ち着きました

居室を3タイプ用意したのは、単身者や夫婦など、いろいろな人が入居できるようにバリエーションをもたせるためです。

施設の運用は、自ら訪問介護の会社を立ち上げて行うことにしました。しかし実は、資金回収計画や利回りをあまり考えていません。

土地は自分のものでしたので、利用者が満足するサービスさえ提供していれば、赤字にはならないはずだという思いです

サンヨーホームズの鉄骨造りは耐久性に優れているので、長期のスパンで採算がとれれば良いと思っています。

 

 

サンヨーホームズの会社情報

 

社名(商号) サンヨーホームズ株式会社 Sanyo Homes Corporation
本社所在地 大阪市西区西本町1-4-1
設立年 1969年
資本金 59億円(2018年3月現在)
従業員数 613人(2018年4月現在)
売上高 476億円(2018年3月期)
営業エリア 関東(東京都・埼玉県・神奈川県)
中部(愛知県・三重県)
近畿(大阪府・滋賀県・兵庫県)
九州(福岡県・熊本県)
主な事業所 本社・支店:東京・中部・大阪・九州
P&F本部:大阪(枚方)
グループ会社:サンヨーリフォーム、サンヨーホームズコミュニティ、e-暮らし、Tien Phat Sanyo Homes Corporation、Okamura Sanyo Property Corporation
主な事業内容
  • 戸建て住宅事業
  • マンション事業
  • リニューアル流通事業
  • リフォーム事業
  • 賃貸・福祉事業
  • その他ライフサポート事業・フロンティア事業

タウンライフ土地活用

土地活用で失敗しないために

今、あなたがこのページをご覧になっているということは、「 土地 」についてお悩みを抱えているということだと思います。
土地というのは資産の一種ですから、資本・労働・経営と並び付加価値を生み出す生産要素として捉えていた方が多いのではないでしょうか。 ですが、実際に土地を所有すると様々な問題や悩みが生まれますよね。
  • 現在土地を持っているが 何も活用できていない
  • 今後土地を相続するが 相続税 が心配
  • 所有している・相続する土地が 田舎 にある      …etc
こういったお悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。

土地は持っているだけで税金がかかる

土地を所有しているだけでかかる税金が「固定資産税」。 土地から何の収入も得ていないのに毎年税金だけかかって困る…そのような状況の方も少なくないと思います。 せっかく土地をもっているのだから、収益につなげられるのならつなげたい。 けれどどのように収益につなげればいいのかわからない…というのが現状ではないでしょうか。 そこで私がおすすめするのが土地活用の見積もりをもらうことです。 そこでおすすめするのがタウンライフ土地活用」というサイトです。

タウンライフ土地活用のバナー
>>タウンライフ土地活用を見てみる

見積もりをもらう理由

土地の活用方法は一つではありません。 アパートやマンション経営、駐車場、商業施設、売却…土地によって活用方法は様々です。自分では判断できない土地の活用法をプロに診断してもらいましょう。 ここで大切なのが「複数の会社に見積もりをもらうこと」です。 せっかくなのですから、自分にとって一番満足のいく方法を選びたいですよね。一つの会社に任せるより、複数の会社にまかせた方が様々なプランを見ることができますし、会社同士の比較もできます。 見積もり比較表

一括で複数の会社から見積もりをもらう

タウンライフ土地活用とは、土地活用に関する全国の優良企業から、『収益性』・『費用』・『転用性』・『相続時の評価額』・『実現性』など多角的な視点からあなたに最適な土地活用プランの提案を 無料 で行ってくれるサイトです。 自分の持っている土地の条件や、希望の活用方法(もちろん未定も可)を入力するだけで一括で資料請求することができます。 とても簡単なのでパソコンからでも携帯からでも入力できてお手軽でした、入力時間もさほどかかりません。 そして注目すべきはここ! 3つのポイント 3つの土地活用計画書 がもらえることなんです! 実際に土地をもてあまして困っている知人にすすめてみました。彼も当初は「まぁ無料なら…」程度の軽い気持ちで申し込んだのですが、想像よりも丁寧な見積もりがきたようで驚いていました。 最近では見積もりプランをもとに、土地活用を本気で考えています。
★タウンライフ土地活用のよかった点
  • すべて 無料
  • 複数社に一括で請求 できる
  • 見積もり・収支計画書・市場調査書がもらえる
  • 自分だけの オリジナルプラン がもらえる
  • 信頼できる企業が 200社以上 登録している
実際の申し込み画面と操作案内です。 ①まずは経営予定地と希望の活用方法を選択します。 ②この時点で希望がある方はチェックを、ない方は「未定」にチェックをいれましょう。もちろんアパート・マンション経営をしてみたいけど迷っている方も「未定」にチェックしてしまっていいと思います。 ③チェックをいれて「一括請求開始」ボタンをクリック。 タウンライフ土地活用 ④画面が遷移します。ご希望の土地活用方法の一括請求ができるまでたったの3ステップ。お手軽ですね。 タウンライフ土地活用 土地情報 や 希望条件 を入力していきます。 タウンライフ土地活用 ⑥タウンライフ土地活用は 200を超える会社 の中から、あなたの地元に対応した不動産を一覧で表示してくれます。 あとは資料請求したい会社にチェックをつけて、「一括取り寄せを依頼する」だけ。これで完了です! 後々選択した会社から連絡がくるのを待つだけです。 厳選された企業しか参加していないので、しつこい営業の電話がかかってくることもないそうです。資料請求した後に断っても大丈夫なので、自分にとって一番納得のいく提案を選びましょう。 ↓↓失敗しない土地活用術はコチラ

タウンライフ土地活用

↓管理人おすすめ↓

すべての人がよい土地活用を望み、
すべての土地活用会社がよい土地活用を謳っているにも関わらず、
土地活用で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-土地活用会社を徹底比較

Copyright© 失敗しない土地活用術 , 2020 All Rights Reserved.