現役土地活用プランナーがお教えする、あなたの土地の活用法

失敗しない土地活用術

土地活用会社を徹底比較

土地活用会社を徹底比較!タイムズ24

更新日:

タイムズ24は、コインパーキング「タイムズ」を運営する国内最大手の駐車場管理業者。1971年駐車場関連機器の製造、設計・施工、販売を目的に創業。1991年日本初の24時間無人時間貸駐車場として「タイムズ上野」が開設されて以来、コインパーキング事業にとどまらず、大型駐車場やビル型駐車場など、多種多様な駐車場事業を展開。「1台分の土地があれば、契約可能」を掲げ、国内最大級の駐車場ネットワークを形成しています。

なお、タイムズ24は、持株会社「パーク24」の100%子会社。パーク24グループには、タイムズ24(駐車場運営)をはじめ、タイムズサービス(駐車場管理)、タイムズコミュニケーション(コンタクトセンター・ロードサービス)、タイムズモビリティネットワークス(レンタカー)、パーク24ビジネスサポート(グループ内サポート)、タイムズサポート(保険代理店)などがあります。

 

タイムズ24の土地活用の特徴

 

駐車場経営による土地活用をメインとするタイムズ24の主な特徴は、次の4つです。

 

特徴1:全国約18,000ヵ所の駐車場を運営する豊富な実績

1971年の創業以来、蓄積したノウハウを活かし、地域に密着した営業スタッフが、集客力の高い駐車場を開設し続け、今では、全国に約18,000ヵ所、車室数約60万台(201710月現在)の駐車場を運営。駐車場管理業者としては、トップクラスの実績を誇ります。

タイムズ24のノウハウは、数多くの駐車場経営の実績、地域密着型の営業活動により獲得した街の情報、駐車場オンラインシステム「TONIC」によるマーケティングデータによって蓄積されてきました。そのノウハウは、安全で使いやすい駐車場のレイアウトや機器の設置などの施工や日々の管理業務に活かされています。さらに駐車場の利用を最大化させるために街の情報やマーケティングデータをもとに、駐車場ごとのプロモーション戦略を実施しています。

タイムズ24では、これらの市場調査・分析から、駐車場の施工・管理、プロモーション戦略に至るまで、アウトソーシングすることなく、グループ会社が一元管理。土地の形態や広さに合わせた駐車場の運営方法を提案し、施工・管理から集客まで安心できる最適な土地活用を提供しています。

 

特徴2:初期費用ゼロで始められるタイムズ24の駐車場経営

駐車場は、初期費用ゼロで始められる投資リスクの少ない土地活用法。

タイムズ24では、

  1. 期費用ゼロ
  2. 安定収入
  3. 運営・管理の手間不要
  4. 専門知識不要

4つのメリットがある駐車場経営を提供しています。

初期費用ゼロ

個人で時間貸駐車場を開設しようとすると、精算機・駐車場機器・料金看板などの設置費用が必要になります。しかしタイムズ駐車場では、これらすべての費用をタイムズ24が負担して設置しますので、初期費用ゼロで始めることができます。なお、フェンスやブロック塀の設置・撤去や舗装などを行う場合、オーナーが負担する場合もあります。

安定収入

駐車場の開設後も、駐車場の稼働(空車リスク)の心配は一切不要。売上の増減にかかわらず、毎月一定の賃料が支払われますので、安定した収入を得ることができます。

管理・運営の手間不要

時間貸駐車場の運営・管理は、すべてタイムズ24が代行。定期的な清掃・集金・駐車機器の保守メンテナンスから緊急対応まで、グループ会社「タイムズサービス」が対応しますので、オーナー自らが管理する必要はありません。

専門知識不要

駐車場の開設に伴う行政機関の申請手続きから、駐車場内の不正駐車・不法投棄などの処理まで、専門知識を有するタイムズ24のスタッフが対応。オーナーに専門知識がなくても支障はありません。

 

特徴3:24時間365日、グループ会社による万全のサポート体制

タイムズ24では、集金・保守・清掃・お客さまの対応(コンタクトセンター)などの通常業務、トラブルや緊急対応などは、すべてグループ会社(タイムズサービス・タイムズコミュニケーション)が24時間365日体制でサポート。オーナーの管理業務は一切発生せず、まったく手間がかかりません。

主なサポート業務は、次のおとり。

清掃業務

定期的に清掃を行い、いつでもきれいな駐車場を維持(季節や場所により適宜対応)。

コンタクトセンター

コールセンターが24時間体制でお客さまの緊急時対応。

有人管理

大型商業施設などでは、必要に応じてスタッフが常駐し、駐車場内の快適環境を維持。

緊急対応

トラブルが発生した場合、お客さまをお待たせしないようスタッフが現場に急行。

保守業務

定期的に作業員が巡回・保守。危機トラブルを未然に防止。

集金業務

煩雑な業務もすべて対応。消耗品の不足は集金時に補充。

 

特徴4:タイムズ24だから実現できる集客力

タイムズ24では、安全性・利便性の追求と徹底したプロモーション活動により、タイムズ駐車場の集客を促進しています。

① 安全性・利便性の追求

  1. 駐車場利用者にとって安全で使いやすいレイアウトと機器。
  2. わかりやすい駐車料金表。
  3. Webサイトやスマートフォンアプリによるリアルタイムでの駐車場情報の提供(満車・空車情報、駐車料金、料金シミュレーション、目的地に一番近い駐車場の案内など)。

 

② 徹底したプロモーション活動

  1. 駐車場の現地周辺の誘導看板や告知のぼり旗の設置。
  2. 駅前やタイムズ駐車場周辺での新規オープンなどに関する告知チラシ・ティッシュの配布。
  3. ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」のメールマガジンで駐車場情報の配信。
  4. 近隣の店舗や施設の来客用駐車場としてのタイムズ駐車場活用の提案(店舗や施設の事業者向けに「タイムズチケット」の販売など)。

 

タイムズ24の駐車場経営の形態

 

土地の形状・広さ・立地などによって、駐車場のレイアウトや設置する機器、日々の営業方法など、駐車場の運営形態は異なります。タイムズ24では、5つの運営形態を用意し、土地の特性に合った最適な運営・管理を提案します。

① 一般タイムズ(ST/Standard Times)

タイムズ24が土地を借り受けて駐車場を運営し、毎月定額の賃料の支払いを約束する運営形態。住宅地、駅前、ビジネス街、小規模な土地から施設型まで、土地形状や周辺環境に合わせた駐車場経営を提案。開設に必要な精算機・駐車場機器・料金看板などは、すべてタイムズ24が責任をもって設置します。

なお、タイムズ駐車場には、次の4タイプがあります。

  1. パークロック式:1台ごとにクルマ止めが作動し、ロックされるもっともスタンダードなタイプ。
  2. ゲート式:出入口にゲートを設置。大型駐車場に多いタイプ。
  3. 自走式(立体):駐車スペースまで自ら運転して駐車するタイプ
  4. 機械式:パレットにクルマを載せて収容するタイプ。

タイムズ・パートナー・サービス(TPS/Times Partner Service)

商業施設や金融機関、病院、ホテルなどの来客用駐車場をタイムズ駐車場として運営する形態。施設の特性に合わせた運営体制により、集客の促進から不正駐車の対応までタイムズ24が対応。施設従業員に対する機器オペレーション方法のレクチャー、利用者の告知・案内にも対応します。

タイムズ・パートナー・サービスの施設ごとの主な特徴は、次のとおり。

  1. ホテル:車番認識システムによる利便性や快適性の向上、混雑緩和、ゆったりとした女性優先駐車場スペースの設置など、ホスピタリティの高いサービス。
  2. 大型商業施設・ショッピングセンター:進入ルート上に複数の駐車場の混雑状況を一括表示するモニターを設置。空いている駐車スペースに誘導することで、渋滞を解消。
  3. 病院:診察カードと車番認識システムを連動させることで、面倒な手続きなく、駐車場優待サービスを提供。
  4. 銀行:休業日や営業時間外も、駅前の好立地を有効活用してタイムズ駐車場として運営。

公共駐車場

役所の来庁者駐車場や公共施設の駐車場を運営する形態。公共団体所有の未利用地をタイムズ駐車場として活用することも可能。タイムズ24の公共駐車場を専門にするスタッフが、効率的な駐車場の運営方法を提案し、住民サービスの向上につなげます。

管理受託

行政や企業が運営する駐車場の運営業務の中で、緊急対応・機器メンテナンスなどの管理業務をタイムズ24が請け負う形態。

月極駐車場

月極駐車場には、タイムズ24が一括して駐車場を借上げ、月極駐車場として運営する「サブリース契約」、面倒な管理業務全般をタイムズ24が請け負う「管理委託契約」の2つの形態があります。これらのほかに、駐車スペースを固定せずに時間貸駐車場として運営して、空きスペースをムダなく活用する出入自由な「定期券サービス」もあります。

 

このような人にはタイムズ24の土地活用・駐車場経営がおすすめ!

タイムズ24の土地活用は、駐車場経営に限定されますが、中でも次のような人にはタイムズ24がおすすめです。

  • 初期投資ゼロで安定収入を得られる土地活用をしたい人。
  • 売却を検討しているが、それまでの間に売却予定地を活用したい人。
  • 売却が難しい狭小地や変形地を活用したい人。
  • 管理コストや手間が一切かからない土地活用をしたい人。
  • 月極駐車場から時間貸駐車場に経営形態を変更したい人

 

タイムズ24の評判と口コミ

 

タイムズ24で土地活用を行った人の体験談を紹介します。ぜひ参考にしてください

遠隔地で管理ができない土地をタイムズ駐車場で活用

宮城県に住んでいますが、千葉県の土地を親から相続しました。かつてはその土地を近隣の会社に貸していたそうです。しかし1年前にその会社が廃業したことで、借り手のいない更地になっていました。土地の近くに親族や知人もおらず、自分で借り手を探すことや売却することも検討しましたが、借り手を探す時間がなく、売却にかかる費用など不明点も多く、なかなか手がつけられない状況でした。

そんなとき、その土地を見たタイムズ24の営業担当の方から、「土地を時間貸駐車場として活用しませんか」と連絡をいただきました。提案資料を郵送してもらい、それを見ながら電話で説明を受けました。土地の賃料もさることながら、遠隔地なので、無人の駐車場でどこまで管理できるか気になっていました。

タイムズ24からは、定期的な清掃や集金、機器のメンテナンスを全国どこでも同一のサービスで実施していると伺ったので、自宅近くのタイムズ駐車場を注意して確認するようにしました。定期的に管理の人が来て、清掃や集金、機器のメンテナンスをされており、千葉県の土地も同じように管理されるのであれば、土地を任せても心配はないと考え、契約することにしました。

最初の商談から1週間もかからずに契約内容を提示していただき、契約後1ヵ月もかからずにタイムズ駐車場としてオープン。早々と賃料を受けとることができました。土地の管理方法や依頼先について早く決めたいと思っていたので、そのスピード感にはとても助かりました。

 

空き家管理の不安をタイムズ駐車場で解消

実家で1人暮らしをしていた高齢の母親が同居することになり、実家が空き家になりました。庭の手入れは面倒だし、万一火災が発生したりすると大変だという不安がありました。そして20152月に施行された「空き家対策特別措置法」により「特定空き家」に指定されると、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されなくなるという懸念もあり、実家の解体やその後の土地活用法について検討を始めました。

そんなとき、タイムズ24から土地活用のDMが届き、話だけでも聞こうと営業担当者に電話をしました。すぐに会うことになり、土地を管理する面倒や不安は、24時間365日グループ会社に管理を任せられるタイムズ駐車場にすることで、すべて払拭できることが分かりました。解体費用の負担がネックになりましたが、初期投資がかからず、契約後約1ヵ月で駐車場が開設でき、賃料収入を得られることが安心材料になり、解体を決意しました。

懸念していた固定資産税の増額については、タイムズサポートのファイナンシャルプランナーが、概算を算出して分かりやすく説明してくれました。それによると、税額は年額約50万円、月あたり約4万円。タイムズ駐車場による1ヵ月の収入予定が25万円。固定資産税を差し引いても、毎月20万円を超える収入になることが分かりました。

タイムズ駐車場にすることで、土地を管理する手間や心配ごとがなくなっただけではなく、毎月の収入が駐車場の稼働に左右されず安定しているため、とても満足しています。駐車場になった土地にクルマが駐車しているのを見ると、路上駐車を1台減らしたという社会貢献ができているように感じて嬉しいです。

 

資材置き場として使っていた僅か10坪の土地をタイムズ駐車場で活用

廃業した建材業の資材置き場として使っていた僅か10坪の土地をそのままにしていては、固定資産税がかかるだけなので、土地の売却を考えました。当初は、自宅の敷地からこの10坪を分筆して売却するつもりでしたが、相場よりかなり安い価格でないと売却が難しいことが分かりました。その理由は、この土地が敷地面積の最低限度(70㎡)規制区域内にあったからです。分筆した10坪の土地は、敷地面積の最低限度を満たしておらず、建築物が建てられないのです。そのため売却を諦め、10坪でも可能な土地活用を探すことにしました。

なるべく費用がかからない活用法を調べているうちに、駐車場であれば、建物を建てる必要もなく、すぐに運用できることが分かり、タイムズ24のことを知りました。駐車場設備や工事の費用を負担しなくても良い上に、毎月定額の賃料を得られることは、とても魅力でした。

早速タイムズ24の営業担当者から説明を受けましたが、駐車場のレイアウトや開設後の管理・運営はもちろん、月極駐車場との違いなど、さまざまな質問をしましたが、その都度丁寧な回答があり、不安は一切なくなりました。さらにお願いしていないのに、近所に騒音などで迷惑がないようにアイドリング禁止の看板の設置などが提案に盛り込まれていたことが信頼感を強め、契約することにしました。

駐車場内の清掃や利用者からの問合せにもきちんと対応してくれているので、管理の手間がなく、維持費もかかりません。今後も末永いお付き合いをお願いしたいと考えています。

 

タイムズ24の会社情報

 

社名(商号) タイムズ24株式会社
本社所在地 東京都千代田区有楽町2-7-1
設立年 1971年
資本金 24億円(2018年10月現在)
従業員数 829人(2018年10月現在)
売上高 1,838億円(2018年10月期)
営業エリア 全国
主な事業所 支店・営業所:北関東・宇都宮・千葉・千葉駅前・柏・東京東・東京中央・東京西・横浜・神奈川・厚木・藤沢・静岡・名古屋・京都・金沢・富山・大阪北・大阪中央・奈良・神戸・西明石・中四国・岡山・松山・九州・北九州・大分・熊本・鹿児島・沖縄。
グループ会社:パーク24・タイムズ24・タイムズサービス・タイムズコミュニケーション・タイムズモビリティネットワークス・パーク24ビジネスサポート・タイムズサポート・タイムズイノベーションキャピタルなど。
主な事業内容
  • 駐車場事業:タイムズ駐車場(24時間無人時間貸駐車場)の運営・管理。駐車場管理受託。月極駐車場の運営。B-Times(予約専用駐車場)の運営。
  • モビリティ事業:タイムズカープラス(カーシェアリングサービス)の運営。
  • 関連事業:タイムズスパ・レスタ(温浴施設)の運営など。

タウンライフ土地活用

土地活用で失敗しないために

今、あなたがこのページをご覧になっているということは、「 土地 」についてお悩みを抱えているということだと思います。
土地というのは資産の一種ですから、資本・労働・経営と並び付加価値を生み出す生産要素として捉えていた方が多いのではないでしょうか。 ですが、実際に土地を所有すると様々な問題や悩みが生まれますよね。
  • 現在土地を持っているが 何も活用できていない
  • 今後土地を相続するが 相続税 が心配
  • 所有している・相続する土地が 田舎 にある      …etc
こういったお悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。

土地は持っているだけで税金がかかる

土地を所有しているだけでかかる税金が「固定資産税」。 土地から何の収入も得ていないのに毎年税金だけかかって困る…そのような状況の方も少なくないと思います。 せっかく土地をもっているのだから、収益につなげられるのならつなげたい。 けれどどのように収益につなげればいいのかわからない…というのが現状ではないでしょうか。 そこで私がおすすめするのが土地活用の見積もりをもらうことです。 そこでおすすめするのがタウンライフ土地活用」というサイトです。

タウンライフ土地活用のバナー
>>タウンライフ土地活用を見てみる

見積もりをもらう理由

土地の活用方法は一つではありません。 アパートやマンション経営、駐車場、商業施設、売却…土地によって活用方法は様々です。自分では判断できない土地の活用法をプロに診断してもらいましょう。 ここで大切なのが「複数の会社に見積もりをもらうこと」です。 せっかくなのですから、自分にとって一番満足のいく方法を選びたいですよね。一つの会社に任せるより、複数の会社にまかせた方が様々なプランを見ることができますし、会社同士の比較もできます。 見積もり比較表

一括で複数の会社から見積もりをもらう

タウンライフ土地活用とは、土地活用に関する全国の優良企業から、『収益性』・『費用』・『転用性』・『相続時の評価額』・『実現性』など多角的な視点からあなたに最適な土地活用プランの提案を 無料 で行ってくれるサイトです。 自分の持っている土地の条件や、希望の活用方法(もちろん未定も可)を入力するだけで一括で資料請求することができます。 とても簡単なのでパソコンからでも携帯からでも入力できてお手軽でした、入力時間もさほどかかりません。 そして注目すべきはここ! 3つのポイント 3つの土地活用計画書 がもらえることなんです! 実際に土地をもてあまして困っている知人にすすめてみました。彼も当初は「まぁ無料なら…」程度の軽い気持ちで申し込んだのですが、想像よりも丁寧な見積もりがきたようで驚いていました。 最近では見積もりプランをもとに、土地活用を本気で考えています。
★タウンライフ土地活用のよかった点
  • すべて 無料
  • 複数社に一括で請求 できる
  • 見積もり・収支計画書・市場調査書がもらえる
  • 自分だけの オリジナルプラン がもらえる
  • 信頼できる企業が 200社以上 登録している
実際の申し込み画面と操作案内です。 ①まずは経営予定地と希望の活用方法を選択します。 ②この時点で希望がある方はチェックを、ない方は「未定」にチェックをいれましょう。もちろんアパート・マンション経営をしてみたいけど迷っている方も「未定」にチェックしてしまっていいと思います。 ③チェックをいれて「一括請求開始」ボタンをクリック。 タウンライフ土地活用 ④画面が遷移します。ご希望の土地活用方法の一括請求ができるまでたったの3ステップ。お手軽ですね。 タウンライフ土地活用 土地情報 や 希望条件 を入力していきます。 タウンライフ土地活用 ⑥タウンライフ土地活用は 200を超える会社 の中から、あなたの地元に対応した不動産を一覧で表示してくれます。 あとは資料請求したい会社にチェックをつけて、「一括取り寄せを依頼する」だけ。これで完了です! 後々選択した会社から連絡がくるのを待つだけです。 厳選された企業しか参加していないので、しつこい営業の電話がかかってくることもないそうです。資料請求した後に断っても大丈夫なので、自分にとって一番納得のいく提案を選びましょう。 ↓↓失敗しない土地活用術はコチラ

タウンライフ土地活用

↓管理人おすすめ↓

すべての人がよい土地活用を望み、
すべての土地活用会社がよい土地活用を謳っているにも関わらず、
土地活用で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-土地活用会社を徹底比較

Copyright© 失敗しない土地活用術 , 2020 All Rights Reserved.