現役土地活用プランナーがお教えする、あなたの土地の活用法

失敗しない土地活用術

土地や不動産の相続

悪化した資金繰りの改善法

投稿日:

 

賃貸経営の資金繰りが悪化する要因

 

賃貸オーナーには、資金繰りで苦しんでいる人が少なくありません。しかしそれはある意味仕方がないことだともいえます。なぜなら、賃貸経営は何も対策をとらなければ、年月の経過とともに資金繰りが悪化、つまり資金が不足する状態になる仕組みになっているからです。

 

その要因としては、「キャッシュフローの悪化」と「所得税・法人税の増加」の2つが挙げられます。それぞれについて、詳しく解説することにします。

 

キャッシュフローの悪化

最近の賃貸市場では、同じ賃貸物件であれば、築年数が経るにつれ家賃相場が下落し、入居率が低下する傾向があります。しかしながら他方で、経年とともに固定資産税や都市計画税などの公租公課、建物の維持費やメンテナンス費用、光熱水費などの運営経費が増えていきます。その結果、家賃収入が年々減少するにもかかわらず、運営経費が増えることで資金不足に陥り、経営が悪化してしまうのです。

 

さらに賃貸住宅の建築費用を賄うために金融機関から融資を受けている場合、毎月ローンを返済しなければなりません。仮に返済期間が30年の場合、最低でも30年間は賃貸経営を継続して、家賃収入の中から返済し続けなければならないのです。

 

このようなキャッシュフローの悪化は、賃貸経営を継続していく上では避けて通れません。確かに、賃貸経営は相続税対策として有効ですが、安定した経営を長期間継続するには、それ相応の経営努力が求められるのです。

 

所得税・法人税の増加

賃貸経営で「所得」が生じると、個人の場合は所得税、法人の場合は法人税が課税されます。

 

その所得は、「収入」から「必要経費」を差し引いて求められます。賃貸経営では、建物や設備などの「減価償却費」という実際の支出を伴わない名目上の経費が計上できます。他方、賃貸住宅の建築資金を金融機関から借り入れた場合、ローン返済額のうち利息分は経費に計上できますが、元金分は経費に計上できないのです。詳しくは「必要経費として計上できるもの」で解説していますので、参照してください。

 

そうすると、賃貸経営を始めた当初は、実際に支出するのに経費にできないローンの元金返済額が、実際に支出しないのに経費にできる減価償却費よりも少ないので、所得も少なくなり、所得税の節税ができます。しかし通常は8年~12年経過すると、これが逆転し、ローンの元金返済額が減価償却費よりも多くなり、必然的に所得も多くなります。つまり手もとに残る額よりも、申告した所得の額の方が多くなってしまうのです。この現象を賃貸経営の「デッドクロス」と呼ばれています。

 

このデッドクロスを理解していないと、黒字倒産という事態に陥りかねないのです。つまり帳簿上の利益が黒字なのに手もと資金が不足し、黒字に対して課税される所得税を支払えなくなるのです。土地活用を行う際は、10年、20年先の所得がどのようになるのかをきちんと予測しておく必要があるのです。

 

デッドクロスのシミュレーション

それでは、具体的にデッドクロスが起きるタイミングをシミュレーションすることにします。ここでは、次の賃貸経営を想定して解説することにします。

 

○建物構造:木造2階建てアパート1棟。1DK 10戸。

○床面積:170坪(231m²)、260坪(198m²)、延床面積:130坪(429m²)。

○建築費:本体工事費6,500万円、付帯工事費1,730万円、諸費用430万円。

○資金計画:事業資金8,660万円うち借入金7,000万円、自己資金1,660万円。

 

借入金7,000万円は、金利年2%、返済期間25年、元利均等返済で借り入れることにします。

 

減価償却費については、建物構造や設備・備品の種類などによって法定耐用年数が異なりますが、ここでは、便宜上本体工事費(6,500万円)は、耐用年数22年、定率法により償却率0.091で償却。付帯工事費(1,730万円)は、耐用年数10年、定額法により償却率0.1で償却して計算することにします。

 

ローンの元金返済額、本体工事と付帯工事の減価償却費、減価償却費から元金返済額を差し引いた額は、次表のとおりです。賃貸経営を開始して11年目でデッドクロスが起きることになります

元金返済額 利息返済額 減価償却費 減価償却費- 元金返済額
本体工事 付帯工事 合計
1 2,185,430円 1,400,000円 5,915,000円 1,730,000円 7,645,000円 5,459,570円
2 2,229,139円 1,356,291円 5,376,735円 1,730,000円 7,106,735円 4,877,596円
3 2,273,722円 1,311,708円 4,887,452円 1,730,000円 6,617,452円 4,343,730円
4 2,319,196円 1,266,234円 4,442,693円 1,730,000円 6,172,693円 3,853,497円
5 2,365,580円 1,219,850円 4,038,408円 1,730,000円 5,768,408円 3,402,828円
6 2,412,892円 1,172,538円 3,670,913円 1,730,000円 5,400,913円 2,988,021円
7 2,461,150円 1,124,280円 3,336,860円 1,730,000円 5,066,860円 2,605,710円
8 2,510,373円 1,075,057円 3,033,206円 1,730,000円 4,763,206円 2,252,833円
9 2,560,580円 1,024,850円 2,757,184円 1,730,000円 4,487,184円 1,926,604円
10 2,611,792円 973,638円 2,506,280円 1,730,000円 4,236,280円 1,624,488円
11 2,664,028円 921,402円 2,278,209円 2,278,209円 -385,819円
12 2,717,308円 868,122円 2,070,892円 2,070,892円 -646,416円
13 2,771,654円 813,776円 2,068,616円 2,068,616円 -703,038円
14 2,827,087円 758,343円 2,068,616円 2,068,616円 -758,471円
15 2,883,629円 701,801円 2,068,616円 2,068,616円 -815,013円
16 2,941,302円 644,128円 2,068,616円 2,068,616円 -872,686円
17 3,000,128円 585,302円 2,068,616円 2,068,616円 -931,512円
18 3,060,130円 525,300円 2,068,616円 2,068,616円 -991,514円
19 3,121,333円 464,097円 2,068,616円 2,068,616円 -1,052,717円
20 3,183,760円 401,670円 2,068,616円 2,068,616円 -1,115,144円
21 3,247,435円 337,995円 2,068,616円 2,068,616円 -1,178,819円
22 3,312,383円 273,047円 2,068,616円 2,068,616円 -1,243,767円
23 3,378,631円 206,799円 -3,378,631円
24 3,446,204円 139,226円 -3,446,204円
25 3,515,134円 70,302円 -3,515,134円
合計 70,000,000円 19,635,756円 64,999,992円 17,300,000円 82,299,992円

 

悪化した資金繰りの改善法

 

賃貸経営におけるデッドクロスとは、ローンの元金返済額が減価償却費を上回る状態のことです。

デッドクロス=「ローンの元金返済額」>「減価償却費」

これを回避するには、「ローンの元金返済額」<「減価償却費または経費」の状態にすることです。これには次の4つの回避策があります。

 

  1. 事業的規模にする。
  2. ローンの返済期間を延長する。
  3. ローンの繰上返済を行う。
  4. 新たに賃貸住宅を建てる。

 

1. 事業的規模にする

賃貸経営を事業化することで、青色申告の特別控除や専従者給与などの経費を新たに発生させることができます。すでに10室以上の規模であれば、書類上の手続きだけで事業化することができます。なお、事業化すると、不動産所得が黒字の場合は、事業税が課税されます。

 

事業税の税額=(総収入-必要経費-事業主控除額290万円)×5%

 

事業化できる建物の貸付の規模

  • 居住用:戸建て住宅10棟以上、戸建て住宅以外10室以上。
  • 居住用以外:戸建て住宅5棟以上、戸建て住宅以外10室以上。

 

事業化による税務上のメリット

  • 特別控除:複式簿記の採用で65万円の青色申告特別控除を受けられる。
  • 専従者給与:青色専従者給与として全額必要経費に計上できる。
  • 損失の繰越:損失を3年間繰り越すことができる。

 

2. ローンの返済期間を延長する

融資を受けている金融機関に返済期間の延長を申し入れて、延長を承諾してもらえれば、毎月のローンの元金返済額を減らすことができます。もし返済期間の延長を承諾してくれない場合は、他の金融機関でローンを借り換えて、返済期間を延長することもできます。借り換えの際、これまでよりも金利を下げることができれば、理想的といえます。

 

しかしキャッシュフローの状況を改善させるのが急務である場合、たとえ金利が上がることになったとしても、返済期間の延長を優先しなければなりません。返済期間を延ばすことで、毎月のローン返済額を減らし、手もとの資金を確保できます。返済期間の延長により結果的に利息分の支払いが増えることになりますが、利息分は経費に計上できます。経費が増えれば、その分所得税が減り、収支が改善されるのです。

 

3. ローンの繰上返済を行う

ローンの繰上返済を行うことによって、元金そのものを減らしてしまえば、毎月のローンの元金返済額が少なくなります。ただし、繰上返済が可能な資金が手もとにあることが条件になります。おすすめは、減価償却費を多くとれて所得税を節税できるうちに資金を貯めておくことです。将来建物の経年劣化により修繕費が大幅に増えることにも備えることができます。

 

4. 新たに賃貸住宅を建てる

新たに賃貸住宅を建て、損益通算を行えば、減価償却費を増やすことができます。新たに賃貸物件を購入する場合も同様な効果があります。建築資金や購入資金を金融機関から借り入れると、その利息分の支払いが新たに経費として計上できます。注意すべき点は、中古物件を購入する場合、法定耐用年数の残存期間が残り少ないと、減価償却できる期間も短くなることです。

 

 

タウンライフ土地活用

土地活用で失敗しないために

今、あなたがこのページをご覧になっているということは、「 土地 」についてお悩みを抱えているということだと思います。
土地というのは資産の一種ですから、資本・労働・経営と並び付加価値を生み出す生産要素として捉えていた方が多いのではないでしょうか。 ですが、実際に土地を所有すると様々な問題や悩みが生まれますよね。
  • 現在土地を持っているが 何も活用できていない
  • 今後土地を相続するが 相続税 が心配
  • 所有している・相続する土地が 田舎 にある      …etc
こういったお悩みをもっている方も多いのではないでしょうか。

土地は持っているだけで税金がかかる

土地を所有しているだけでかかる税金が「固定資産税」。 土地から何の収入も得ていないのに毎年税金だけかかって困る…そのような状況の方も少なくないと思います。 せっかく土地をもっているのだから、収益につなげられるのならつなげたい。 けれどどのように収益につなげればいいのかわからない…というのが現状ではないでしょうか。 そこで私がおすすめするのが土地活用の見積もりをもらうことです。 そこでおすすめするのがタウンライフ土地活用」というサイトです。

タウンライフ土地活用のバナー
>>タウンライフ土地活用を見てみる

見積もりをもらう理由

土地の活用方法は一つではありません。 アパートやマンション経営、駐車場、商業施設、売却…土地によって活用方法は様々です。自分では判断できない土地の活用法をプロに診断してもらいましょう。 ここで大切なのが「複数の会社に見積もりをもらうこと」です。 せっかくなのですから、自分にとって一番満足のいく方法を選びたいですよね。一つの会社に任せるより、複数の会社にまかせた方が様々なプランを見ることができますし、会社同士の比較もできます。 見積もり比較表

一括で複数の会社から見積もりをもらう

タウンライフ土地活用とは、土地活用に関する全国の優良企業から、『収益性』・『費用』・『転用性』・『相続時の評価額』・『実現性』など多角的な視点からあなたに最適な土地活用プランの提案を 無料 で行ってくれるサイトです。 自分の持っている土地の条件や、希望の活用方法(もちろん未定も可)を入力するだけで一括で資料請求することができます。 とても簡単なのでパソコンからでも携帯からでも入力できてお手軽でした、入力時間もさほどかかりません。 そして注目すべきはここ! 3つのポイント 3つの土地活用計画書 がもらえることなんです! 実際に土地をもてあまして困っている知人にすすめてみました。彼も当初は「まぁ無料なら…」程度の軽い気持ちで申し込んだのですが、想像よりも丁寧な見積もりがきたようで驚いていました。 最近では見積もりプランをもとに、土地活用を本気で考えています。
★タウンライフ土地活用のよかった点
  • すべて 無料
  • 複数社に一括で請求 できる
  • 見積もり・収支計画書・市場調査書がもらえる
  • 自分だけの オリジナルプラン がもらえる
  • 信頼できる企業が 200社以上 登録している
実際の申し込み画面と操作案内です。 ①まずは経営予定地と希望の活用方法を選択します。 ②この時点で希望がある方はチェックを、ない方は「未定」にチェックをいれましょう。もちろんアパート・マンション経営をしてみたいけど迷っている方も「未定」にチェックしてしまっていいと思います。 ③チェックをいれて「一括請求開始」ボタンをクリック。 タウンライフ土地活用 ④画面が遷移します。ご希望の土地活用方法の一括請求ができるまでたったの3ステップ。お手軽ですね。 タウンライフ土地活用 土地情報 や 希望条件 を入力していきます。 タウンライフ土地活用 ⑥タウンライフ土地活用は 200を超える会社 の中から、あなたの地元に対応した不動産を一覧で表示してくれます。 あとは資料請求したい会社にチェックをつけて、「一括取り寄せを依頼する」だけ。これで完了です! 後々選択した会社から連絡がくるのを待つだけです。 厳選された企業しか参加していないので、しつこい営業の電話がかかってくることもないそうです。資料請求した後に断っても大丈夫なので、自分にとって一番納得のいく提案を選びましょう。 ↓↓失敗しない土地活用術はコチラ

タウンライフ土地活用

↓管理人おすすめ↓

すべての人がよい土地活用を望み、
すべての土地活用会社がよい土地活用を謳っているにも関わらず、
土地活用で失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

-土地や不動産の相続

Copyright© 失敗しない土地活用術 , 2020 All Rights Reserved.